MENU

ケールの肌の乾燥を防ぐ力がアトピー改善に役立った!

青汁は肌トラブルに良い成分が豊富に含まれていますが、実は、その青汁に含まれるケールはアトピー性皮膚炎にも効果があると報じられています。

 

キューサイのケール青汁もケールが商品の名前に入っているくらいですから、きちんと効果があります。ここでは、どんな実験の元アトピーに効果があると言われたのかをご紹介しましょう。

 

ファンケルの研究発表

ケール青汁とアトピーの関係は、ファンケルが2005年11月12日に発表して研究結果から多くの人に知られるようになりました。

 

アトピーは1年を通して肌が痒いという辛い症状。これをケール青汁が緩和してくれるとしたら、それは画期的な出来事です。

 

具体的な研究方法

どのような研究から結果報告がされたのかというと、ファンケルはまずアトピー性皮膚炎患者の、男女21名を調査対象としました。

 

ケールが含まれている青汁をその人たちに8週間飲み続けてもらい、その間にアトピーにどんな変化があるかを調べたのです。

 

研究結果

この研究の結果、ケールは皮膚の保水量をアップさせることがわかり、アトピーの痒みの原因となる皮膚の乾燥を抑えられるという成果がありました。

 

また、野菜不足を補うことでアレルギーに対抗する身体作りもサポートしてくれることもわかり、アトピー患者にとってはダブルの効果があることがわかったのです。

 

アトピー患者に人気のケール青汁

アトピー患者に人気のケール青汁は、昔からケールをずっと使い続けているケールを扱うプロ、キューサイの商品が人気です。

 

子どものアトピーを治したいというお母さんなどには、キューサイのはちみつ青汁が人気です。ちょっと苦いケールですが、工夫次第で子どもにも摂取させることができます。

 

まとめ

アトピーは薬があってもなかなか完治させるのが難しいもの。医者に頼らず、食生活を根本から見つめ直すことで身体の内側を改善させるのも自分でできることのひとつです。青

 

汁を選ぶ際に気を付けなければならないのは、どんな青汁でも良いとは限らないこと!ケールの苦みを抑えるため、大麦若葉や明日葉などを代わりに使っている青汁があるので、きちんとケールを使用している青汁を選ぶようにしましょう。