MENU

値段に差があるものの、効果的にはそれほど変わらない?

同じ青汁は青汁でも、どの青汁が良いかどうかは他と比べてみないことには詳しくわかりません。1つを取って成分や効果を見ることは簡単ですが、複数を見比べてみることで本当の良さや、もっとこうあってほしいということがわかります。今回は、「キューサイのケール青汁」と、「えがおの青汁満菜」を比べてみました。

 

えがおの青汁満菜とは?

えがおの青汁満菜は、キューサイのケール青汁と違って大麦若葉をメインとしています。ケール青汁が多い中、大麦若葉の青汁と比べることでその違いを見ていきましょう。えがおの青汁満菜は、計24種類の多種多様な原材料を使っています。

 

キューサイのケール青汁がケールのスペシャリストとするならば、えがおの青汁満菜はたくさんの成分をふんだんに盛り込んだ青汁と言えるでしょう。それぞれ特徴がありますが、昔からのケールから栄養を取りたいという人、大麦若葉という飲みやすい今時のものを試したいという人によって良いと思うものは変わってくると思います。

 

値段で比較

成分を比較して決める人も多いですが、値段が気になるという人も多いです。それぞれの青汁を1日2包飲んだとして、その1日あたりにかかる値段を比較してみました。

 

  • キューサイのケール青汁・・・228・6円
  • えがおの青汁満菜・・・104・5円

 

値段だけみるとキューサイのケール青汁の方が倍しますね。毎日飲み続けるものなので、これも費用が気になるという人がいる一方、良いものを飲みたいという人とで意見は分かれると思います。

 

効果で比較

効果のほどはどちらもそれほど違いがあるようには見えません。口コミを見ても、多くの青汁の効果で感じられるのが便通改善や肌トラブル改善、また、ダイエットにも役立つという声です。

 

キューサイのケール青汁はケール自体に多くの成分が含まれているので、ケールさえ上手く配合できれば良いという感覚ですが、えがおの青汁満菜は栄養面でケールに劣る大麦若葉を使用しているため、それを補うために他を追加しているという商品です。

 

まとめ

今回は、あえてケールを使用していない青汁との比較をしてみました。最近では青汁は大きく分けると、ケール派と大麦若葉派に分かれるため、どちらが良いのかを検討する必要があります。一概には言えないので、それぞれのメリットとデメリットをあなたがどう感じるかによるところが大きいでしょう。